トレッキングTOP 滝を歩くT0P

乗鞍岳の三大大滝のひとつ



「千間淵伝説」
その昔村人たちは祝い事等の集まりがあると、この淵に器を借りいったそうです。
村びとが願うと、淵にはたくさんの器が浮いていたといいます。
ところがある時、それを聞いた里人が器を借りたまま返さなかったそうな、
怒った淵の神様は、それっきり村びとにも器を貸すことはなかったということです。

千間淵、番所大滝への遊歩道にかかる千間淵大橋

伝説の残る千間淵

渓流に沿って作られた遊歩道

大滝の上流にある番所小滝

層厚60mの熔岩から流れ落ちる番所大滝。落差40m。

豪快に流れ落ちる滝つぼ

「番所大滝」
番所を流れる小大野川の標高1,248m位置し、高天ヶ原火山の熔岩を刻んで形成されています。もともと現在の位置より北方約600m下流にできた滝が、上流へ落下位置を後退させたものです。


トレッキングTOP 滝を歩くT0P